top of page
  • 執筆者の写真伝統屋 暁

日本の職人の技が輝きを生む玉鋼アクセサリー

どうも、伝統技術を愛してやまない伝統屋 暁のスタッフです!

早くも2月最後のブログになりました!



伝統屋暁では現在3か所で玉鋼アクセサリーの委託販売をしています。


玉鋼アクセサリーとは、日本の伝統技術である「たたら製鉄」によって作られた玉鋼を素材としたアクセサリーです。

玉鋼は、日本刀の材料として古くから使われてきた高品質の鉄であり、その美しさや強さは、日本の伝統文化の象徴として世界にも知られています。




<玉鋼アクセサリーの魅力>

1.日本の伝統技術の美しさを身に纏える

玉鋼アクセサリーは、日本の伝統技術であるたたら製鉄によって作られています。

たたらは、古代から日本に伝わる製鉄法であり、現在では、島根県奥出雲町や山口県美祢市など、限られた地域でのみ行われています。

たたらは、非常に手間のかかる製鉄法であり、その工程を経て生まれる玉鋼は、まるで宝石のような美しい輝きを放ちます。

玉鋼アクセサリーを身に纏うことで、日本の伝統技術の美しさを肌で感じることができます。


2.唯一無二の個性を楽しめる

玉鋼アクセサリーは、ひとつひとつが職人の手によって作られており、同じものはひとつとしてありません。

玉鋼の美しい輝きなどは、その原料である砂鉄の成分や、たたら製鉄の工程によって決まります。

そのため、玉鋼アクセサリーには、自然の美しさと職人の技が融合した、唯一無二の個性が備わっています。


3.日本の伝統文化を身近に感じられる

玉鋼アクセサリーは、日本の伝統文化を身近に感じられるアイテムです。

玉鋼は、日本刀の材料として古くから使われてきたため、日本刀に憧れを持つ人や、日本の伝統文化に興味を持つ人にとって、特別な魅力があります。

玉鋼アクセサリーを身に纏うことで、日本の伝統文化への理解を深め、より愛着を持つことができるでしょう。



〜現在の委託販売先〜


①福岡市博物館「黒田家名宝展示」

2月14日より【 国宝 太刀 名物「日光一文字」】の展示が始まっております。

見どころは重花丁子乱(じゅうかちょうじみだれ)と呼ばれる華麗な刃文と優美な姿。

丁子刃を主体に、重花丁子や互の目丁子などが交じり合い、華やかで美しい模様を作り出しています。

特に、刃文が沸き立つように見える「沸え」と呼ばれる部分が強く、日光一文字の個性となっています。

刀が納められたと伝わる、葡萄模様蒔絵を施された黒漆塗りの箱も国宝に指定されています。


②中之島香雪美術館 『館蔵 刀剣コレクション-刀と拵の美- 』



見どころはコレクションの礎を築いた朝日新聞社創業者・村山龍平さんが愛蔵した刀剣と、刀剣の外装である拵、拵を飾る刀装具も併せて展示されているところです。

刀剣については武士であった父の影響から強い関心を持ち、若くして収集を始め、自らの審美眼を貫かれたそうです。

現在約50振の刀剣が所蔵されているとのこと。

刀剣の変化に富む鉄のきらめき、拵の個性的で華やかな装飾、刀装具の緻密で多彩なデザイン、それぞれの「美」を感じられるのではないでしょうか?

(引用:中之島香雪美術館ホームページ)



③ ふくやま美術館 特別展「正宗十哲―名刀匠正宗とその弟子たち」



こちらは東京の刀剣博物館との共催企画です。

正宗の刀は、現在でも非常に高く評価されており、国宝や重要文化財に指定されているものが数多くあります。

また、海外でも高く評価されており、多くの刀剣ファンが正宗の刀を求めています。

正宗をテーマとした展覧会はこれまでにも開催されてきましたが、十哲たちを特集する内容は今回が初めて。

この特別展では、相州鍛冶の先人たちから、相州伝を確立した名刀匠正宗、そして正宗の作風を受け継いだ諸国の刀工へと続く、相州伝の系譜をたどります。

(引用:ふくやま美術館ホームページ)



伝統屋 暁の玉鋼アクセサリーは各美術館のミュージアムショップにてお買い求めいただけます。


ぜひ、各施設へ足を運んでみてください。




♪¸¸.•¨・:*ೄ·♫•*¨*•.¸¸♪✧*♪¸¸.•*¨・:*ೄ·*♪¸¸.•*¨・:*ೄ·♫•*¨*•.¸¸♪✧*♪¸¸.•*¨・:*ೄ·

伝統屋 暁で取り扱っている作品は全て本物の技術を詰め込んでいます。

和風アクセサリーが大好きなあなたにも満足いただける作品が揃っています。

♪¸¸.•¨・:*ೄ·♫•*¨*•.¸¸♪✧*♪¸¸.•*¨・:*ೄ·*♪¸¸.•*¨・:*ೄ·♫•*¨*•.¸¸♪✧*♪¸¸.•*¨・:*ೄ·


閲覧数:30回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page