top of page
  • 執筆者の写真伝統屋 暁

ふくやま美術館での委託販売のお知らせ

次回委託販売のお知らせです。




ふくやま美術館にて2024年2月18日(日)~3月27日(水)

特別展「正宗十哲―名刀匠正宗とその弟子たち」の展示期間中、玉鋼アクセサリーを委託販売させていただきます。






こちらは東京の刀剣博物館との共催企画だそうです。



 

正宗は、鎌倉時代末期から南北朝時代初期にかけて活躍した刀工で、日本刀史上最高の刀工と称されています。

相模国(現在の神奈川県)鎌倉で活動し、多くの名刀を生み出しました。


正宗は、鎌倉時代末期に相模国鎌倉で活動した刀工です。

正宗の作品として伝わる刀の多くには銘がありません。

しかし、よく鍛えられた力強い地鉄に、のたれを主調として、ときに大きく乱れ、沸が強くついた刃文が、正宗の特徴として高く評価されています。

(引用:ふくやま美術館ホームページ)



正宗は弟子も多く育て、山城国、大和国、備前国とは一線を画す新たな作風の相州伝と呼ばれる刀剣の流派を確立しました。

正宗の刀は、現在でも非常に高く評価されており、国宝や重要文化財に指定されているものが数多くあります。

また、海外でも高く評価されており、多くの刀剣ファンが正宗の刀を求めています。

正宗をテーマとした展覧会はこれまでにも開催されてきましたが、十哲たちを特集する内容は今回が初めてだそうです。

この特別展では、相州鍛冶の先人たちから、相州伝を確立した名刀匠正宗、そして正宗の作風を受け継いだ諸国の刀工へと続く、相州伝の系譜をたどります。

(一部引用:ふくやま美術館ホームページ)



福山にはたくさんの観光スポットがありますが、今回はお城にスポットを当ててみました。



<福山城>



400年を迎えた2022年に、天守に全国唯一といわれる北側鉄板張りを復元されました。


元々福山城天守の北側壁面には最上階を除いて鉄板が張られていました。その目的は風雨への備えとともに、天守の位置が城郭内の北側に寄っているため、外部から直接天守が攻撃されることへの備えでもありました。



鉄板は幅11·3cm、長さ130cmを基本とする縦長の板を横に並べ、上下に重ねる「羽重ね」という留め方で取り付けられていました。

丸い鋲頭(びょうとう)が付いた鉄釘で打ち留められており、板の左端とそこから一段落とした中央に打つことで、鋲頭が斜めに並んで見えます。

また天守の東西面の北端にも見切りのための鉄板が張り付けられていました。

北側壁面の鉄板張りは全国の天守の中でも極めて特殊なもので、他に類例がありません。




今回の令和の大普請では、古写真や寄贈を受けた鉄板、他城の事例を参考に表面の質感や鋲頭、上下の重ねなど、最新の研究成果を基に往時の姿に近付くよう復元的整備を行いました。

なお建造物の安全性に配慮して、現代の素材や工法を採用しているそうです。

(引用:福山市ホームページ)




実はこの修復はクラウドファンディングで資金が調達されたんです。

なんと267.9%を達成したようですね!!




昔一度1966年に再建された時は技術的な問題もあってこの鉄板張りは修復できなかったそうです。

技術が向上することで、歴史を蘇らせることもできるんですね。


それにしても建設当時の技術がすごいですよね!

1966年にはできなかったことが出来ていたんですね!


その他の観光については過去に書いていますので、こちらをご覧ください。




♪¸¸.•¨・:*ೄ·♫•*¨*•.¸¸♪✧*♪¸¸.•*¨・:*ೄ·*♪¸¸.•*¨・:*ೄ·♫•*¨*•.¸¸♪✧*♪¸¸.•*¨・:*ೄ·

伝統屋 暁で取り扱っている作品は全て本物の技術を詰め込んでいます。

和風アクセサリーが大好きなあなたにも満足いただける作品が揃っています。

♪¸¸.•¨・:*ೄ·♫•*¨*•.¸¸♪✧*♪¸¸.•*¨・:*ೄ·*♪¸¸.•*¨・:*ೄ·♫•*¨*•.¸¸♪✧*♪¸¸.•*¨・:*ೄ·


閲覧数:41回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page