top of page
  • 執筆者の写真伝統屋 暁

初の大阪で委託販売決定!

どうも、伝統技術を愛してやまない伝統屋 暁のスタッフです!

新たに委託販売が決まりました!

初の大阪です!

中之島香雪美術館にて2024年1月6日(土)~3月17日(日) 企画展「館蔵 刀剣コレクション-刀と拵の美- 」の会期中に玉鋼アクセサリーを委託販売します。




「香雪美術館には、現在約50振の刀剣が所蔵されています。

コレクションの礎を築いた朝日新聞社創業者・村山龍平は、武士であった父の影響から刀剣に強い関心を持ち、若くして収集を始めました。

本展では、村山が愛蔵した刀剣と、刀剣の外装である拵、拵を飾る刀装具も併せて展示します。

刀剣の変化に富む鉄のきらめき、拵の個性的で華やかな装飾、刀装具の緻密で多彩なデザイン、それぞれの「美」を感じていただけると幸いです。」

(引用:中之島香雪美術館ホームページ)




主な出品作品をご紹介します。


出典:中之島香雪美術館ホームページ


<太刀 銘 正恒>

古備前を代表する名工 正恒作の太刀。

腰反り高く、踏張りの強い太刀で、正恒の典型ともいえる完存の作であり、古雅の風があると賞賛されています。


<短刀 銘 国光>

鎌倉時代後期に相模国で活躍した刀工である新藤五国光の代表作の一つです。

国光は、鎌倉幕府の武士達を支えた作刀の伝法「相州伝」の創始者。短刀を得意とし、太刀の作はまれです。この名刀は国光の作風をよく示した名品であり、昭和55年特別重要刀剣に指定されました。


<刀 銘 和泉守藤原兼定作>

室町時代中後期に美濃国で活躍した刀工である兼定(之定)の代表作。

新選組副長として活躍した土方歳三の愛刀であり、日本の歴史において重要な位置を占める刀剣の一つで、その作風の優美さと切れ味の良さがよく現れた名品です。


<金梨子地桐葵紋蒔絵糸巻太刀拵(なしじあおいもんちらしいとまきたちごしらえ)>

その名の通り、金梨子地に桐と葵の紋を蒔絵で施した豪華絢爛な拵です。

拵(こしらえ)とは、刀を収納するための鞘や柄など、刀身以外の部分の総称です。

鞘は金梨子地に桐と葵の紋を蒔絵で施しています。

金梨子地とは金の粉を蒔きつけた地のことです。

蒔絵とは漆塗りの上に金や銀などの粉を蒔いて絵を描く技法です。

桐と葵は古くから日本を代表する紋様です。

柄は黒漆塗りで糸巻が施されています。

柄頭には、金梨子地に桐の紋を蒔絵で施した柄頭金具が付いています。


<朱漆海老鞘脇指拵>

朱漆海老鞘脇指拵は、江戸時代中期に作られた脇指拵で、朱漆で塗られた海老鞘に金や銀などの金属で装飾を施した豪華絢爛な拵です。

鞘は朱漆で塗られており、表面には海老の彫刻が施されています。

海老は古くから日本では縁起の良いものとされており、脇指の鞘に用いられることが多かったようです。

柄は、黒漆塗りで糸巻が施されています。

柄頭には金と銀で装飾された柄頭金具が付いています。

などです。


また記念講演会が2月18日(日)に予定されています!

東京藝術大学名誉教授・ふくやま美術館館長の原田一敏 氏による「刀剣・拵の楽しみ方 -香雪美術館の所蔵品を中心に-」です。

こちらお申し込みが必要となりますので、ご希望の方はこちらよりどうぞ。

初の大阪なので、関西にお住まいの方はぜひ足をお運びください!



 

また1月6日(土)から14日(日)まで静岡では伝統屋主催のイベント「招福展」を開催します。

こちらもぜひお越しください。



♪¸¸.•¨・:*ೄ·♫•*¨*•.¸¸♪✧*♪¸¸.•*¨・:*ೄ·*♪¸¸.•*¨・:*ೄ·♫•*¨*•.¸¸♪✧*♪¸¸.•*¨・:*ೄ·

伝統屋 暁で取り扱っている作品は全て本物の技術を詰め込んでいます。

和風アクセサリーが大好きなあなたにも満足いただける作品が揃っています。

♪¸¸.•¨・:*ೄ·♫•*¨*•.¸¸♪✧*♪¸¸.•*¨・:*ೄ·*♪¸¸.•*¨・:*ೄ·♫•*¨*•.¸¸♪✧*♪¸¸.•*¨・:*ೄ·


閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page