top of page
  • 執筆者の写真伝統屋 暁

アクセサリーの色選び〜チャクラ編〜

更新日:4月26日

どうも、伝統技術を愛してやまない伝統屋 暁のスタッフです!


実は伝統屋のブログでとっても人気があるのが「色について」なんです。


色のことが気になる方が多いのかもしれません。


そこで今日は「チャクラによる色選びはいかがですか?」ということで書いてみたいと思います。



【チャクラとは】

みなさん聞いたことおありですか?


東洋医学やヨガに興味がある方ならよくご存知かもしれません。

簡単にいうと「エネルギーが出入りする場所」であり、心と体を繋ぐ鍵とも言われています。


チャクラはサンスクリット語で「車輪」や「円盤」や「回る」という意味があり、背骨上を常にグルグルと回転して私たちの肉体と精神のバランスをコントロールしてくれているそうです。



人体には7つのチャクラがあり、虹の色に対応していて機能や特徴などもそれぞれにあります。





実は心身のエネルギーバランスを保つのにとても重要だそうです。


お守りなどは特に整えたいチャクラの色で選んでいただくのもいいかなと思いました。



では各チャクラを順番にご紹介していきますね。


下から始まります。


【第1チャクラ ムーラダーラ】:女性器・骨盤底周辺

カラー:赤 キーワード:生命力・情熱・創造性

対応する臓器・・・腎臓・副腎 腸・骨格


生きる力や心身の安定感、自然治癒力など人間の根本的なパワーに関係する言わば「土台」となるチャクラ。

バランスを崩すと疲れやすい、体調を壊しやすい、恐怖や不安感などのネガティブな感情に陥りやすくなるかもしれません。

まずは土台を整えたい!という方は、赤色のものを身につけるほか、裸足で歩くなど大地とつながることを意識することで、整えることができます。



【第2チャクラ スヴァディシュターナ】:丹田(おへその下10cmぐらい)

カラー:オレンジ キーワード:精神の安定・創造性・自立心

対応する臓器・・・生殖器・膀胱


女性性・男性性のバランスをつかさどるチャクラで感情をコントロールします。男性にも女性性はありますし、女性にも男性性はあります。

ここが整っていないと情緒不安定や自己否定になりがちなので、ぜひ整えておきたいですね。

第2チャクラを活性化させることで、自信や安定感、忍耐力がつき、人生を楽しみ喜ぶこと、幸せを感じられるようになっていくようです。

腹式呼吸や瞑想、丹田呼吸、好きな芸術に触れるなど、リラックスすることで整っていきます。

第2チャクラはとても移ろいやすいところ。無理やりコントロールしようという気持ちではなく、もし不安定になっていたら、まずはそんな自分を受け入れるところからやってみましょう。



【第3チャクラ マニプーラ】みぞおち

カラー:黄 キーワード:自尊心・自己愛

対応する臓器・・・胃・肝臓・胆嚢・膵臓・脾臓・消化器


自己肯定感や自信につながるチャクラ。

ここのバランスが崩れると自分に自信がなかったり、他人の評価が気になってしまったりしがちです。


日光を浴びたり運動をすることで整っていきます。



【第4チャクラ アナハタ】胸の中心

カラー:緑 キーワード:愛・感情・献身・慈愛

対応する臓器・・・心臓・肺・循環器系


愛情や思いやり、友情、人の温もりや共感をコントロールしています。

生きとし生けるものすべての存在を愛することを意味します。

第4チャクラのバランスが崩れると人間不信に陥ったり、孤独感を感じたり、相手に一方的に愛を求めてしまいます。

自分の時間を周囲のためばかりに使っているばかりでもバランスは崩れるので、そうなりがちな方は「受け取る」ことも意識してくださいね。


感謝の気持ちを持つこと、ボランティア活動をするなどがおすすめです。

下に位置して生命活動を司る第1~3チャクラと、上部のメンタル・スピリチュアルな領域の第5~7チャクラを繋ぐ役割もあります。

バランスが取れていると、自分は愛される価値があると感じて精神が安定します。


【第5チャクラ ヴィシュッダ】喉仏の下

カラー:青 キーワード:コミニュケーション・表現力


何かを表現することに関係しています。

活性化すると 開放的になり自分を通じて何かを伝えたり表現することがスムーズにできるようになると言われています。

バランスが乱れると首周りの重さや違和感、頭痛、声が出にくいなどのサインが出ることも。

このチャクラは歌う、踊る、絵を描くことなど、何かしらの自己表現をすることで整えていくことができます。


【第6チャクラ アジニャー】眉間のあたり

カラー:藍色 キーワード:直感力・ひらめき


直感力、第6感を司るチャクラ。

願望実現に力を発揮し、イメージを具現化するのを助けてくれます。

電子機器に頼りすぎたり便利な生活を送っていると、第6チャクラは弱ってしまいますので

デジタルデトックスする時間をつくったり朝日・夕陽を浴びるなどで整っていきます。

ここが活性化すると物事の真実や真理がわかり、直感やひらめきが強くなります。



【第7チャクラ サハスラーラ】頭頂部の上あたり

カラー:紫 キーワード:宇宙の愛とつながるエネルギー



第7チャクラは身体から少し離れた場所にあります。頭頂部の上あたり。

「悟り」に関係していて第1〜6チャクラが正常に機能して初めて開きます。

「悟り」というとなんだか特別な人のもののように感じられるかもしれませんが

例えば全ての感情を超え、執着や欲望、嫉妬をなくすといった感じです。


第1〜6チャクラを整える、睡眠の質を高める、パワースポットに行くなどで整っていくようです。



さて、伝統屋で扱っているカラーのアクセサリーやお守りをチャクラの色別にしてみました。




よかったら色選びの参考になさってください。




*♪¸¸.•*¨・:*ೄ·♫•*¨*•.¸¸♪✧*♪¸¸.•*¨・:*ೄ·*♪¸¸.•*¨・:*ೄ·♫•*¨*•.¸¸♪✧*♪¸¸.•*¨・:*ೄ·


伝統屋 暁で取り扱っている作品は全て本物の技術を詰め込んでいます。

和風アクセサリーが大好きなあなたにも満足いただける作品が揃っています。


*♪¸¸.•*¨・:*ೄ·♫•*¨*•.¸¸♪✧*♪¸¸.•*¨・:*ೄ·*♪¸¸.•*¨・:*ೄ·♫•*¨*•.¸¸♪✧*♪¸¸.•*¨・:*ೄ·





閲覧数:38回0件のコメント

Comments


bottom of page