top of page
  • 執筆者の写真伝統屋 暁

羽織と羽織紐

どうも、伝統技術を愛してやまない伝統屋暁のスタッフです!

前回はかんざしについてご紹介しました。 今回は伝統屋の玉鋼シリーズにもある「羽織紐」と「羽織」についてです。




【羽織とは】 今では女性も着ている羽織ですが、元々は元は陣羽織から発生した男性の物なのです。 陣羽織とは、戦国時代に登場した武将が甲冑の上から着ていたもので、 甲冑が雨や寒風にさらされることを防ぎ、特に冬場の戦いにおいて、防寒具として重宝されていたそうです。 また、武将の威厳を示す装飾品としても発達していき、時代によって色や形を変えていきました。


写真:pinterest.com



江戸時代後期になって女性が着始めました。 最初に着始めたのは芸者さんだったそうです。

芸名も男性名を使って男物の羽織を羽織る格好いい女性に憧れて、 真似をして羽織を着る女性が現れました。 江戸時代にも格好いい女性はいたんですね!!



しかし江戸時代は女性の羽織を幕府に度々禁止されていました。 今では服装に禁止なんて考えもしませんが、 当時は着る物でさえも、色々と決められていたのですね…。



明治になって服装も自由になり、おしゃれや防寒用として流行りました。 女性の場合は羽織自体正式な礼装ではなく、振袖、留袖、訪問着、など羽織を着ない帯付き姿が正装とされています。

必ずしも室内で脱ぐ必要はありませんが、茶室では基本的には脱がなくてはなりません。




男性については袴と組み合わせた「羽織袴」が様式化しました。 男物の正装は紋付羽織袴(もんつきはおりはかま)です。






そのため羽織はフォーマルな場面では脱がないようにします。

スーツのジャケットを脱がないのと同じですね。

また、正装以外にも着用します。その場合は色無地の羽織を着用するのが一般的です。




ところで皆様、羽織紐ってご存知ですか? 見たことはあっても名前を知らないという方も多いかと思います。 羽織紐はこの部分です。





羽織の衿(えり)につける紐で、胸元がはだけないように留めるものです。 羽織紐には主に3つの種類があります。


1.紐タイプ 羽織紐の結び方はいくつかあります。 ほどけてしまうとなかなか大変そうですね!

2.金具タイプ 両端の金具を引っ掛けて使います。


写真:pinterest.com




3.マグネットタイプ 真ん中についたマグネットで左右をくっつけて使うタイプです。 伝統屋の玉鋼の羽織紐は2の金具タイプです。


写真:pinterest.com


羽織紐を替えるだけでも、全体のイメージが変わり、オシャレな上に高級感も出ます!

礼装の際には黒紋付羽織袴を着用する際には「白色」の羽織紐を使うと決められていますが


着物のオシャレを楽しむなら、全身の色や羽織紐の大きさなどのバランスを考えて コーディネートを楽しんでみてはいかがでしょうか?


また着物を着られる方に玉鋼の羽織紐をプレゼントしたら

ちょっと粋なプレゼントになりそうですね!



玉鋼のかんざしとコーディネートされるのもオススメです。


*♪¸¸.•*¨・:*ೄ·♫•*¨*•.¸¸♪✧*♪¸¸.•*¨・:*ೄ·*♪¸¸.•*¨・:*ೄ·♫•*¨*•.¸¸♪✧*♪¸¸.•*¨・:*ೄ· 伝統屋暁では、これから新たな伝統工芸品もお取り扱いさせていただきたいと考えています。 もしご希望の伝統工芸品がおありでしたら、こちらまでメールにてご連絡くださいませ。 dentoya.akatsuki@gmail.com ブログについても、書いてほしいことのリクエストあればぜひお聞かせください。 また、伝統屋のホームページからお買い上げいただく時にメルマガ登録をしていただくと、 時々お得なクーポン券をお送りします! ぜひご登録ください。 *♪¸¸.•*¨・:*ೄ·♫•*¨*•.¸¸♪✧*♪¸¸.•*¨・:*ೄ·*♪¸¸.•*¨・:*ೄ·♫•*¨*•.¸¸♪✧*♪¸¸.•*¨・:*ೄ· 伝統屋で取り扱っている作品は全て本物の技術を詰め込んでいます。 和風アクセサリーが大好きなあなたにも満足いただける作品が揃っています。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page